ウォーキングと水中ウォーキングのメリットとデメリットをまとめてみました!

こんばんは、三十路のおっさんです。

今回は私の経験を踏まえて、ウォーキングと水中ウォーキングのメリットとデメリットをまとめてみました。

これからダイエットをしようかと考えている人。

今、どちからをやっているけど切り替えようか悩んでいる人。

そんな人たちのお役に立てば幸いです。

ウォーキングのメリットとデメリット 

f:id:misojiossan:20170627231651j:plain

ウォーキングの最大のメリットは簡単に始められることです。

家の近場を歩くだけであればお金もかかりません。

汗をかいてもいい服装に着替え、タオルと水分補給用のペットボトルを持てば準備完了です。

この手軽さがウォーキング最大の売りと言えるでしょう。

 

またスマホや音楽プレーヤーなどがあれば、好きな音楽を聞きながら楽しく続けることができます。

自分で選んだ音楽を聞きながらだとウォーキングのモチベーションを高く保つことができると思います。

 

次はデメリットです。

まず天候に左右されます。

雨の中を歩くのは嫌ですし、雨は我慢できても台風などの日は危険です。

また春以降は虫刺されなどに悩まされます。

せっかくダイエットをしてきれいになろうと努力しているのに、虫刺されで肌に傷つけられては意味がありません。

それから夏の暑い時期と冬の寒い時期はモチベーションを保つことが大変です。

 

またこれは個人的な思いなのですが、家の近場でのウォーキングだと近所で噂されます。

私の場合ですが

「あのデブが歩いてる!」

といった誹謗中傷的な視線に耐えられません。

思い込みが激しいだけなのかもしれませんが、そういった細かいことが気になる方にはやはりおすすめできるものではないと思います。

水中ウォーキングのメリットとデメリット

f:id:misojiossan:20170618001105j:plain

水中ウォーキングの最大のメリットはウォーキングと比べて効率がいいことです。

当たり前の話ですが水の中を歩くと水の抵抗があります。

その分、ウォーキングよりもダイエットの効果が高いのです。

また水の中は浮力が働くため、膝などの関節部分にかかる負荷が軽減されます。

ダイエット効果は高いのに体にかかる負荷は軽減される。

これが水中ウォーキング最大のメリットです。

 

また通う場所にもよりますが、ジムなどの場合だとトレーナーがいますので、きちんとしたフォームを習うことができます。

ただ漠然と歩くよりも、より効率のいい歩き方をしたほうがダイエット効果は高まります。

加えてジムに大きなお風呂があるところだと、それだけで水中ウォーキングが楽しみになってきます。

さらにいろいろな出会いもあるでしょう。

家の離れた友人を作るチャンスです。

 

それからウォーキングで上げたデメリットがメリットになります。

天候に左右されず、虫に刺されず、寒さ暑さは一定の状態に保たれ、陰口の心配もいりません。

 

次はデメリットです。

水中ウォーキング最大のデメリットはやはりお金がかかることです。

私が通っている事務の場合、夜にだけプールを使用する会員権が月に約7,000円ほどです。

これが結構な負担になる方は多いのではないでしょうか。

加えて施設が家の近場にない場合は、通うのが大変です。

 

またウォーキングと違って、好きな音楽を聞いたりはできません。

大体のプール施設は安全のためにイヤホンなどの耳を塞ぐ道具の持ち込みを禁止にしています。

もちろんすべてではないのですが、そういった施設は多いです。

せっかく防水音楽プレーヤーを購入したのにプールでは禁止され使うことができなかった、ということがないように必ず事前に確認しましょう。

 

表にしてみました

項目 ウォーキング   水中ウォーキング
金額 基本的に無料 月額費用がかかる
音楽プレーヤーの使用 自由 できない所が多い 
天候の心配 雨風が気になる  気にならない 
虫刺され 可能性がある なし 
暑さ寒さ 夏と冬は大変 一定の室温に保たれている 
近所の噂  されることもある みんなダイエット仲間 
運動効率 普通  かなり良し
体への負担 普通 かなり少ない 


こんな感じです。

まとめ

どうだったでしょうか?

今回の記事は基本的に私の経験に基いて作りました。

なので感じ方などは個人差があると思います。

 

水が怖い人に効率がいいからと水中ウォーキングを強要しても続かないでしょう。

逆に手軽に始められるからといって、膝に故障を抱えてる人にウォーキングはきついと思います。

一番いいのはその人、本人に合ったやり方を見つけて続けていくことです。

継続は力なり。

あなたにあったやり方で健康的になりましょう!

 

以上、三十路のおっさんでした!