水泳日記 8回目

f:id:misojiossan:20170731200932j:plain

こんばんは、三十路のおっさんです。

久々の水泳日記。

実はブログには書いてなかったのですが、ようやく風邪が完治したので先週からまた水泳に行き始めたのです。

いつもブログを読んでくれているみなさんも「ああ、面倒になってやめちゃったんだろうなぁ……」と思われている方がほとんどだと思います。

ですがこの三十路のおっさん、月に7,000円ほどの月謝をムダにするほどお金持ちでははありません!

絶対に25mをクロールで泳げるようになるまでやめるつもりはありませんぜ!

というわけで8回目です。

もう面倒くさいので回数はブログの更新回数にします。

先週は火曜日と木曜日と土曜日にジムに行きました。

基本的に1時間ほど水中ウォーキング

水着に着替えてシャワーを浴びたら、まずは1時間ほど水中ウォーキングをします。

最初はゆっくりとプールを一周し、その後ピッチを上げていきます。

なるべく歩幅は大きく、体に負荷がかかるように歩いていきます。

時間が経つに連れだんだんをきつくなってきますので、無理はせずにそうなった場合はクールダウンするようにゆっくりと歩きます。

1時間経てば終了です。

度入りで曇らない水中ゴーグルも購入したので、あまり目の良くない私にも時計の文字が見えます。

その後はおぼつかないクロール練習

水分補給が完了すればすぐにクロールの練習です。

まずはけのびから入って、25m終われば今度は手と足を動かしていきます。

ビートバンは使いません。

はじめての水泳では主に姿勢とバタ足の練習が主なので呼吸がうまくできません。

結果、25mどころか半分程度で力尽きてしまいます。

けのびしていて気がついたこと

バタ足練習をしているとまったくわからなかったのですが、けのびの姿勢でいると一つ分かったことがあります。

どうやら足先から沈んでいってしまうことです。

友人が泳いでいる様子を見ているとお尻も足もしっかりと浮いています。

これを解明できれば私も泳げるようになるのでは?

早速トレーナーに聞いてみました。

「人間の足には筋肉が多いのでそれが自然です。けのびの姿勢で沈まないのはせいぜい5mぐらいまで。だから沈まないようにバタ足で浮力を得て下さい」

とのこと。

あれ、じゃあある程度バタ足ができるようになった今、呼吸さえできるようになれば私も25m、泳ぐことができるんじゃないの?

まとめ

次からは「クロールの呼吸」と「腕の動き」と「バタ足」の練習を中心にやっていこうと思います。

これさえクリアできれば25m泳ぐことも可能です。

もう少しで一つの目標をクリアできそうです。

また平泳ぎはクロールのバタ足とはまったく違う動きみたいなので、今度私でも初級練習に参加できるのか確認してみます。

やはりどうせならクロールだけでなく、平泳ぎもできるようになりたいですからね。

 

以上、三十路のおっさんでした!